オフィスレイアウトを変更するだけで意外とかかる費用

###Site Name###

企業でオフィスレイアウトを変更する場合があります。
組織変更に伴い、部署の数が変わったりするケースもあれば、事務所のカウンターの位置を変更したのに伴って、総務や庶務がその後方に移動するために、オフィスレイアウトを全体的に変更するケースもあります。
どのような要因であれ、レイアウト変更をすることにより費用がかかります。

例えば電話回線の変更のための工事であったり、インターネット回線の変更のための工事であったりと、従前からあるデスクの位置の変更も伴うことが一般的であるためにさまざまな工事費用が発生することになります。



単純に移設するだけではなく、場合によっては将来的なことも見込んで回線数を増やしたりするケースも考えられたり、そのために従来からあるハブを増設したりと追加工事も考えられます。

Youtubeの情報を得られます。

同時に部屋の電灯についても、部署ごとに点灯や消灯ができるようにして、部署単位で節電ができるようにしたり、またエアコンの位置を調整して適切な冷暖房ができるようにする工事も必要になります。
そのための電源工事であったり配線工事も必要になり、その配線を這わせるために場合によっては壁に穴を開ける必要もあります。

これからはオフィスレイアウトの費用について解説いたします。

このようにオフィスレイアウトの変更をするだけで、変更後も運用面で問題がないようにするために工事費用の支出が必要になります。

しかしオフィスが賃貸物件である場合には、このような工事に際し必要な工事費用のほかにも、退去する際の現状回復工事費用として更に支出が必要になります。