オフィス移転時には、付随して発生する費用にも注意

###Site Name###

人員の増減や事業の拡大など、様々な理由によりオフィスを移転する企業は少なくありません。


オフィス移転の際には、新たに入居する建物の費用のほかにも、付随してさまざまな費用が発生します。

togetter情報を調べるならこのサイトです。

ほとんどの移転の際には社員自らがすべての備品や荷物を異動させることは稀で、大型の荷物の場合には専門の業者に依頼することがほとんどです。


また業務の効率化を考えて、個々の社員が荷造りした荷物を専門の業者が運び、社員は荷物を開梱し、すぐに業務を開始できるようにする企業もあります。


またこうしたオフィス移転の際には、住所や電話番号等が変わることがほとんどです。

そのため社名などが入っている封筒やレターヘッド、会社案内類などについても、できるだけ速やかに新しい住所や連絡先の入ったものに切り替えていくことが必要です。

また社員によっては、通勤定期の区間変更も必要になるため、移転予定が決まったら、できるだけ早く社員に告知する心配りも必要です。



オフィス移転には多額な費用がかかりますが、社員に対しても移転にかかわる作業が負担とならないように、企業の繁忙期などを避け、実施することが必要です。



働く場所が変わることによって、業務上の効率が上がることも多く、賃貸契約の更新時期に合わせて、定期的にオフィス移転をする企業もあります。

けれども移転に際してはさまざまな費用が発生するため、できるだけ早く社員にも告知するなどして、計画的に移転をすることが必要だと言えるでしょう。