オフィスレイアウトを成功させるコツは動線にあり

###Site Name###

オフィスレイアウトを成功させるコツの一つが、動線を意識して設計を行うことです。

外回りがよほど多い会社でもなければ、基本的にはほとんどの人が日中の時間のすべてをオフィス内で使っていきます。ですから、動きやすくて歩く距離ができるだけ少なくすむようなオフィスレイアウトを心がけなくてはいけません。

動線を意識しないと、人と人がぶつかりやすくなって危険ですし、歩く距離が長くなって社員が疲れやすくなってしまいます。
社員の疲れが溜まりやすいと、それだけ作業効率は低下するので、ひどい場合には業務に支障が出るかもしれないのです。

動線を意識することは非常に大切で、できれば専門家にその辺りのことをチェックしてもらうのが一番でしょう。

Youtubeについて興味がある方にオススメのサイトです。

専門家はしっかり動線のことも考えてくれますし、パーティションをうまく使ってプライベート空間を作り出してくれたりもします。

お客様がやってきたときにも、オフィスレイアウトがしっかりしている会社はいいイメージを与えることができます。


パソコンを多数使う会社なら、配線問題にも気を使ってレイアウトを決めなくてはなりません。



配線が無駄に長くなると、その分電気代も増えてしまうので経済的ではなくなるのです。
配線に足を引っ掛けて大切なデータを飛ばしてしまうことのないように気をつけなくてはいけません。

オフィスレイアウトに関する情報が満載のサイトです。

できるだけ配線が短くなるよう、オフィスナイのネットワーク機器の位置に注意をするのがセオリーでしょう。